トミーのアトリエ

「広く・浅く」でいろいろ作る人。手作り、ハンドメイド、DIY幅広く雑食。1~2週に1回くらいの投稿予定です。

コットンボールライトで作る「受付案内」

今回は友人の結婚式に向けて受付案内を作りました。

前回に引き続き、コットンボールを使っています!

 

今後Youtubeに製作動画アップ予定です。

アップしましたらこの記事の修正とお知らせの記事もアップしますので、そちらもよければご覧ください!

 

+.-.+.-.+大まかな手順+.-.+.-.+.-.+

1. フォトフレームに穴をあける

2. コットンボールを作る

3. 組み立てる

+.-.+.-.++.-.+.-.++.-.+.-.++.-.+.-.+

難しい工程はありませんが、今回も電動工具を使用しています。

 

1. フォトフレームに穴をあける

①透明な部分はカッターで切り取る

f:id:tommyyatelier:20210222143558p:plain

丸い型は修正液の蓋を使用して書きました。

物作りする時によく困るのが、「きれいな丸を描く」ことなんですよね。

もちろんコンパスがあれば楽なんですが、中心に穴を開けられない時やペンじゃないと書けない素材の時など、結構困るんですよね。

だから私がよくやるのは、「同じくらいのサイズの丸いものを探す」です。

今回は小型ライトと修正液の蓋がほぼ同じ太さだったので採用しました。

とはいえ、本当にぴったりサイズじゃないと困るときには苦肉の策として「コンパスを使って型紙を作る」もやりますが。

素人工作なので、お気軽お手軽にできる部分は手をうまく抜きましょう!

 

②土台部分はルーターで削る

f:id:tommyyatelier:20210222144044p:plain

さっき開けた穴に沿って下書きをし、ルーターでゴリゴリ削ります。

ドリルで大まかな穴を開けたあと、ヤスリで下書きに沿って整えました。

木材を削るとき、素材によっては金属用のヤスリがおすすめです。

なんとて素早く削れますのでストレスフリー。

今回のようなフォトフレームの土台部分はファイバーボードが多いと思いますが、これだと表面をあまり気にせずささっと整えられるので気に入ってます。

表面が粗めになったときに目立つ素材には使用しない方がいいと思いますが・・・(;'∀')

 

2. コットンボールを作る

コットンボールは以前にも使ったので、作り方についてはこちらの記事をご覧ください。

tommyyatelier.hatenablog.com

今回は直径約8㎝で作りました。

結構糸も多めに使ったんですが、ライトを入れるのでもう少し糸少なくても良かったかなーと思ったり、思わなかったり。

好みの範疇かな?

とはいえ中のライトが丸見えになるよりはいいと思うのでこんな感じです。

f:id:tommyyatelier:20210222145008p:plain

 

3. 組み立てる

①コットンボールにライトを接着

f:id:tommyyatelier:20210222145135p:plain

コットンボールにライトが刺さるだけの穴がない場合は、ボールペンなどを使ってこじ開けましょう。

あとは接着剤をつけたライトをブスッと刺して乾かせばOKです。

接着には、みんな大好きアロンアルファの木工用を使用しました。

普通のアロンアルファは結構サラサラの液体なのですが、こちらの木工用はそれに比べて少し粘性があるので今回のような接着には使いやすいです。

ぶっちゃけ接着できれば何でもいいので、グルーガンでもレジンでもボンドでも問題ないです。

作業台の一番近くにあったのがアロンアルファだっただけ・・・笑

 

②ライトを付けてフォトフレームの穴に刺す

今回、フォトフレームとコットンボールライトは接着しません。

ライトの点灯/消灯のしやすさ、電池が切れた際の交換のしやすさ等を考えてです。

なので、ライトを付けたら穴に刺して完成です。

f:id:tommyyatelier:20210222145835p:plain

固定しない分、穴のサイズはライトとほぼ同じにしておかないと、グラついたりコットンボールが落ちてきたりするので要注意。

 

完成

f:id:tommyyatelier:20210222150043j:plain

というわけで、受付案内なので2つ作って完成です!

コットンボールの色は青と白にしましたが、これはイメージに合わせて好きな色にしましょう。

実際に結婚式で使用時には写真のようにグリーンやコットンボールと一緒に飾ると雰囲気が出て良いと思われます(*‘∀‘)

このフェイクグリーン、100均で買ったものなんですが結構気に入ってますww

写真はブログ用なので載せてませんが、フレームの右下部分に「○○家」と各家の名前を入れる予定です。

英語だけじゃ分からない人もいるだろうからね笑

 

作りながら浮かんだ徒然なるアレンジ案

①フレームに入れる紙をアレンジ

今回はフレームにデザインがあるものなので中の紙はシンプルにしてますが、たとえば背景を写真にして文字を入れても良いですね。

各家の受付案内になるので、実家の写真や家族の写真、地元の写真などだと良いかも。

センスが求められますね・・・笑

とはいえパソコンでデザインして印刷→穴開けるだけなので簡単でアレンジがしやすいかもしれません。

デザインも、正直Wordだけあれば特別なソフトいらないですしね。

②フォトフレームの中に紙は入れないステンドグラス風

最近は100均にもガラスペンなるものがありますね。

ステンドグラス風にガラスや鏡にお絵かきできるペンですが、こちらを使えばステンドグラス風に仕上げることができます。

その場合、土台に穴開けしなくてもいいので(そもそも土台使わないので)電気工具持ってない人でも作りやすそう。

ただし透明のプラシートだけでコットンボールライトを支えることになるので、強度を高める、装着方法を見直すなど、何かしらの対策は必要かもしれません。

 

 

今回は友人の結婚にかこつけて思い付き、3時間程で作りました。

(コットンボールの乾燥時間は除いて)

勝手に作っただけなので、使ってくれるかどうかはこれから連絡して聞いてみよう・・・笑

結婚式はモチーフや雰囲気、意味合いがある程度決まっている上でデザインするので、クラフト好きとしては発送しやすくてとても良いですね!

結婚式で使用した後は、普通のフォトフレームとして使用できます。

 

また次回も楽しく作っていきたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

コットンボールのモビール

今回作ったのは毛糸を丸く固めたコットンボールを使ったモビールです。

 

コットンボールはランプシェードにするのが多いイメージですが、見栄えのする軽いボールはいい素材です。

そこで軽さを生かして吊るすことに。

コロナのせいで昨年の初夏に生まれた甥っ子にいまだ一度も会えないままなので、せめてプレゼントをば…!!

 

今後Youtubeに製作動画アップ予定です。

アップしましたらこの記事の修正とお知らせの記事もアップしますので、そちらもよければご覧ください!

 

+.-.+.-.+大まかな手順+.-.+.-.+.-.+

1. コットンボールを作る

2. コットンボール以外の飾りを作る ←必要に応じて

3. 吊るす

+.-.+.-.++.-.+.-.++.-.+.-.++.-.+.-.+

 

文字に起こせば3ステップですが、プレゼント前提なのでちょっと気合入りました。

 

1. コットンボールを作る

①作りたいサイズ・数の風船を膨らませる

f:id:tommyyatelier:20210130173149p:plain

このサイズなら風船も怖くない

今回は小さめのをコロコロ付けたかったので8個、サイズは直径4cmくらい?

100均の普通の風船は以外とサイズが大きいのですが、水風船用の風船はサイズが小さめで楕円になりにくい気がするのでオススメです。

楕円になるようなら、先の方に空気を詰めるようにすると多少マシになります。

空気を入れるのはPC用のブロアーを使用しました…笑

 

②毛糸、ボンド液の準備をする

f:id:tommyyatelier:20210130175332p:plain

ちょっと美味しそう・・・

コットンボールはボンドを水で薄めた液に毛糸を付けて、それを風船に巻き付けて作ります。

ボンド液は、木工ボンドに水を入れて溶かせばOKです。

ボンド:水=1:2 くらいでしょうか。わりと適当で大丈夫です。

ただ、混ぜるときに最初から水を多く入れるとなかなか溶けないので、水は少しずつ足しながら混ぜていく方がいいです。

使う容器は、紙コップや深さのある紙皿など、使い終わったら処分できるものの方が片付けが楽です。

混ぜるための棒的なものも、使い捨てできるものが楽です。アイスの棒とか。

 

毛糸は必要な分を切っておきます。

コットンボールのサイズ、毛糸の太さなどで完成品の糸の詰まり具合が変わるので、まず1つ試してから残りの毛糸を切る方がよいです。

ここは完全に好みなのですが、糸が少な目だと涼しげな印象に、糸が多く詰まっていると温かみがある印象になる気がします。

季節や好みに合わせて調整してください。

ちなみに今回作ったコットンボールは以下の通り。参考までにドゾー。

*サイズ・数 :直径約4cm × 8個

*毛糸の太さ :30g/74mとか25g/85mとか

*色と個数  :白~青の4色を2個ずつ

*毛糸の長さ :コットンボール1個あたり4m

 

③糸をボンド液に浸して風船に巻き付けて乾かす

f:id:tommyyatelier:20210130175516p:plain

糸端を見失わないように側面に貼り付けると◎

さて肝心のコットンボール作りです。

毛糸をボンド液に浸して風船に巻き付けていくんですが、浸すときにちょっとコツ。

ボンド液の入った容器に毛糸を入れるとき、端から入れること!!

後で巻き付けるときに糸が絡んだり、ボンド液が飛び散ったりするリスクが減ります。

片手に風船持ったままボンドまみれの手で絡んだ糸を解くのメンドクサイので…(経験談

f:id:tommyyatelier:20210130174520p:plain

肌が弱い人はビニール手袋必須

風船に巻いていくときは、なるべく糸が重ならないようにしましょう。

方向や角度を変えながら巻いていきます。

とはいえ、別に多少重なってもそんなに目立たないので大丈夫。

これは慣れれば簡単なので気負わずサクサクっと巻いていきましょう。

結構ボンド液が散るので、新聞などを敷くか屋外で作業するかしましょう。

この時期は前者にしないと、どえらい寒かった…( ;∀;)

f:id:tommyyatelier:20210130171111j:plain

干されるコットンボール

巻いたらしっかり乾燥させます。一晩くらい置いておくと確実。

100均のピンチハンガーに風船の結び目を挟んで吊るしておくとお手軽です。

ボンドまみれなので洗濯物と一緒に干さないように…さすがに干さないか。

f:id:tommyyatelier:20210207163545p:plain

筆の後ろでぐい~っと押しました

乾いたら風船を回収していきます。

糸の隙間からカッターで風船に穴をあけ、細い棒状のもので押してやれば内側くっついた風船が剥がれて取れるようになります。

この時のパリパリ音がたまらなく好きww

 

2. コットンボール以外の飾りを用意する

これに関しては完全にお好みなので無くても全然支障はないです。

甥っ子用なので何かのモチーフのものとか一緒に飾ろうかと思ったんですが、兄と義姉のインテリアの好みが分からないんで今回は無難に。。。

窓際に飾る想定でサンキャッチャーのみ付けることにしました。

10個で1,000円くらいのを通販でポチー。 

 100均にもあるらしいけど、最寄りのダ●ソーさんでは発見できずorz

 

3. 吊るす

①土台作り

f:id:tommyyatelier:20210207161208p:plain

土台の形は、どこに吊るす想定かにより様々です。

壁に吊るすなら立体より平たい方がいいので、ホームセンターに90円くらいで売ってるような細い丸材とか?

今回は子供部屋の窓近くに飾ってくれないかなという期待というか希望というか。

とにかく立体型にしたいので、近所の100均に行って店内を回ること5周くらい。(不審者扱いされるかな)

 こちらの鳥カゴを土台にしました。

 

 ②ひたすら吊るしていく

f:id:tommyyatelier:20210207161446p:plain

 これで必要な物はすべて揃ったので、あとはひたすら吊るしていくだけです。

まずは鳥カゴの中にサンキャッチャーから。

 鳥カゴの中心部分の天井から糸でプラーンと。

長さの調整が地味に大変ですが、倒した状態で作業するとサンキャッチャーの重みに引っ張られないので多少作業しやすいかも?

f:id:tommyyatelier:20210207162028p:plain

あとはコットンボールを吊るしていくだけです。

3個目くらいまでは置いたまま作業できますが、それ以降は確実に作業し難くなります。

S字フックなどでどこかにぶら下げた状態で糸を結んでいきましょう。

ちなみにこの鳥カゴは縦のワイヤーが12本あるので、1本飛ばしに糸を付けました。

8個全て吊るせば完成です!

 

 完成

f:id:tommyyatelier:20210207162336j:plain
f:id:tommyyatelier:20210207164034j:plain

こんな感じ!

甥っ子用のハズが、想定よりも大人っぽい仕上がりに・・・(;'∀')ナゼ?

やっぱり100均で見かけたアヒルを鳥カゴに入れればよかったか・・・?

 

まぁでもこれはこれで、インテリアとして楽しめるかと思います。

甥っ子用にするか親にプレゼントするかは聞いてから決めよう、うん、そうしよう。

f:id:tommyyatelier:20210207162812j:plain

撮影したのが夕方近くだったので直射日光が入らず、サンキャッチャーの本気は確認できませんでした。

まぁ我が家そもそも日光ほとんど入らないけどネ。

 

モビール作ったのは初めてでしたが、これは無限の可能性がありますな。

ぜひまた作りたいところです。

今度こそ、誰が見てもわかる甥っ子用のものを・・・!!

アロマスティックアレンジ

今回は家にあるアロマスティックを、アレンジしました。

お手持ちのアロマスティックにアレンジしてもよし、

竹ひごから購入して作ってもよし。

 

+.-.+.-.+大まかな手順+.-.+.-.+.-.+

1. レジンで好みの形を作る

2. 竹ひごを固定する

+.-.+.-.++.-.+.-.++.-.+.-.++.-.+.-.+

 

 作るのは超簡単。

UVライトがあれば短時間でできますが、最近は日光の紫外線で十分固まるレジンも100円で手に入るんで無ければ時間はかかるけど簡単です。

使用した材料・道具はこちら。

f:id:tommyyatelier:20210131134025p:plain

 

 

1. レジンで好みの形を作る

①デザインを決める

 f:id:tommyyatelier:20210131133033p:plain

今回はこんなイメージでした。

どこまで再現できるかは腕次第・・・

あくまでアロマを広げるのは木の部分なので、あまり覆わないようなデザインにしないと本末転倒になりますのでご用心!

 

 ①デザイン通りにレジンを固める

ここが一番の難所。

レジン歴浅いので、グラデーションがキレイに出なかったり、パーツの位置や角度がイメージのとずれたり・・・

デザイン図のようなグラデーションにしたかったので、シリコン型の下に消しゴムを置いて斜めに固定しました。

そして3回に分けて硬化。

f:id:tommyyatelier:20210131134820p:plain

◎1回目

青一色でパーツの一部を突き刺して固定。

全体の1~2割が埋まるくらい。

f:id:tommyyatelier:20210131134254p:plain

◎2回目

青+白をマーブル上に混ぜて他のパーツも封入。

全体の8~9割はこれで埋まるくらい。

 

2. 竹ひごを固定する

f:id:tommyyatelier:20210131135132p:plain

◎3回目

白一色で竹ひごを固定。

手で持って固定したままライト当てずらいですが、数秒待てば固まって固定されるので頑張りましょう。

竹ひごは浅くても割と固定されます。

今回は2㎜くらいレジンに刺さってますが問題なく固定されています。

 

完成

さて、硬化が終われば完成です!

優しく型から外せばレジン付き竹ひご。

お手持ちのアロマに突き刺せば完成です!

f:id:tommyyatelier:20210131140424j:plain

試作品と家に合った謎の棒も併せて設置。

竹ひごを少し切って高さに変化を付けています。

複数設置するときはこの方がバランスがいいですね。

f:id:tommyyatelier:20210131140601j:plain

寄りで見るとレジンの粗さは見えますが、まぁ使用する分にはそんなに気にならないかな。

今回のデザインだといいかなと思い、レジンの気泡も大きなもの以外は残してあります。

レジンのテクニシャンの方はきっともっと綺麗なの作れるんだろうなー。

ま、「広く浅く工作」がテーマのブログなんでそこはご愛敬。

 

また次回も楽しく作っていきたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

木製コースター・アクセサリートレー「枯山水」

今回作ったのは「枯山水」のコースター・アクセサリートレーです。

当初はコースターと思って作ってたんですが、完成品見て「アクセサリートレーでもいいのでは?」と思ったので用途はお好みで…ww

 

今後Youtubeに製作動画アップ予定です。

アップしましたらこの記事の修正とお知らせの記事もアップしますので、そちらもよければご覧ください!

 

+.-.+.-.+大まかな手順+.-.+.-.+.-.+

1. 木を削って砂紋の形を作る

2. 塗装する

3. 石やレジンなどで飾り付け

+.-.+.-.++.-.+.-.++.-.+.-.++.-.+.-.+

 

 簡単3ステップです。

詳しい手順と使用した道具などを紹介していきます。

 

 

1. 木を削って砂紋の形を作る

①木に下書き

f:id:tommyyatelier:20210124143938j:plain

①木に下書き

今回材料には木製のコースターを使用します。

円と直線を使って「枯山水」っぽい雰囲気になるように下書き~

注意点は、直線は木目の方向に合わせること!

削るときの削りやすさや完成した時の見た目が段違いです。

溝は2mm幅で作成してますが、これもお好みですね。

これはセンスが問われるので難しいところですが、サイズが違う円を配置して残りを直線で埋めればそれっぽい…かな?

流線模様みたいなのも入れればデザインの幅も広がりそう。

後で削って溝になる部分は黒く塗りつぶしておくと、削るときに見やすいです。

 

ちなみに、↑の写真は消しゴムハンコで模様を作ってポンと押してます。

コースター5枚セットくらいで知人にプレゼント予定なので同じ模様になるようにこうしましたが、手書きで全然OKですよ。

1枚1枚模様を変えても面白いしね。

ボードゲームの方の「枯山水」的に並べて飾るのも楽しそうかも?

 

②木を削る

f:id:tommyyatelier:20210124144524j:plain

TACKLIFEのミニルーター。補助ハンドルありがたや・・・

彫刻刀で彫ってもいいですが、今回はハンディータイプのルーターを使用しました。

電動工具バンザイ。

ちなみにちょっとだけ彫刻刀も使ってみましたが、材料にしたコースターと相性が悪いのか、尋常じゃない毛羽立ちが起こるのでボツでした。

木目に沿った直線部分ならまだしも、曲線部分は非常にやりにくいので、結局ルーター一択でした。

f:id:tommyyatelier:20210124153051j:plain

途中経過

下書きした線をなぞっていくだけの簡単な作業です。

機械の連続使用時間超えないように、そして体のためにも休憩を挟みながら削りましょう。

今回削るのにかかった時間は休憩込みで1時間程度でした。

 

③表面を整える

木目によっては削ったところが毛羽立ったり、削るときに溝が多少歪んでしまったりすると思うので、やすり等で表面を整えます。

今回はルーターの先端を少し太いタイプのものに付け替え+低速にして整えました。

丁寧にヤスリかければきっともっと綺麗になると思いますが、自分のやる気・根気と要相談で。

 

2. 塗装する

①アクリル絵の具で塗装

f:id:tommyyatelier:20210124145918j:plain

今回は「枯山水」がテーマなので色は当然“白”。

真っ白にしたいので、水の使用は最小限にして、二度塗りしました。

一度塗りで木目がうっすら透けて見える感じも温かみがあって悪くないので、お好みですね。

今回は目指せ真っ白!

 

②ラッカースプレーで仕上げ

f:id:tommyyatelier:20210124150623j:plain

ラッカースプレーで仕上げ

アクリル絵の具なので耐水性があるとは思うのですが、後にコースターやトレーとして使用した場合の掃除のしやすさや表面の質感を考えてラッカースプレーで仕上げます。

できれば屋外で作業しましょうね。

今回は雨・雪・風で外で作業しにくかったのでリビングでやりました。

ものっそ臭いだろうと覚悟してやりましたが、思ったほどではなかったです。

とはいえ体にはよくなさそう。

スプレーの使用方法に「二度塗りで仕上げる」的なこと書いてあったんで、こちらも二度塗りしました。

 

「というか最初からカラーのラッカースプレー使えば楽じゃね?」とか言わないでください。

家にあるもので作るのもまた味ですよ。

(”味”って言えば多少の手抜きは許される・・・)

 

 

3. 石やレジンなどで飾り付けて仕上げ

何を使用するかはお好みですね。

無骨な感じの石を使えば「枯山水」っぽくなるし、あえてレジンで作ったクリアなものでも可愛い雰囲気になると思います。

私は円の中心に配置するのが無難にうまくまとまる気がしますが、どうでしょう?

アレンジ力が試されますね。

接着は、接着剤・グルーガン・レジンなどお手持ちのものでどうぞ。

 

f:id:tommyyatelier:20210124161940j:plain
f:id:tommyyatelier:20210124161946j:plain
今回製作したアクセサリートレー

こちらはレジンで作ったドロップ型を配置してみました。

これはこれで可愛らしさがあるので女性受けしそう。

作り方や材料次第ではリングピロー的な使い方もできないかな?

 

f:id:tommyyatelier:20210124161739j:plain
f:id:tommyyatelier:20210124152728j:plain
プロトタイプのコースター

本物の石を拾ってきてもよいと思いますが、こちらのプロトタイプを作ったときには手元になかったため、レジンの結晶型で作った黒い石を使用。

おじさんが晩酌の時にコースターに使ってても割と似合うと思います。

パパへのプレゼントにもありかも。

表面に緑を配色して苔むした感じにしてもよかったかなぁ。

 絵の具一度塗り+ラッカースプレーなしなので表面のザラつきが分かりやすいですね。

 

 

作りながら浮かんだ徒然なるアレンジ案

①「枯山水」ではなく「水面」

下書き段階で直線模様をなくし、円形だけにする。

色を白でなく水色っぽくすれば水面ぽい雰囲気になる?

更に、イラスト得意なら水中にいる金魚や鯉を描けば幅が広がりそう。

 

②より「枯山水」に寄せるには

フェイクモス(人口の苔)をうまく配置すればより「枯山水」感が出せるかも。

石の足元に苔があるイメージなので。

渋さが出るかなーって。

 

 

今回はたまたま家にあるもので着想したので、全行程でも半日ちょっとくらいで製作しました。

枯山水いいですよね~モチーフとして使いやすいし、シンプルな割に様になるし。

古典的にも現代風にもアレンジしやすそうだし。

 

また次回も楽しく作っていきたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!